Welcome to Korea Seoul Liga Homestay     韩国首尔站李家民宿
韩国首尔站李家民宿   :   欢迎欢迎来到韩国首尔站李家民宿的网站
  民宿指南     韩国旅游100線    自然観光資源  文化観光資源   複合観光資源  文化施設     慰楽施設      運営掲示板    リンクサイト  
 

韓国観光
Contents



 
古宮 / 城 / 門
  徳寿宮(トクスグン)     1592年壬辰の乱が起きて先祖が義州まで戦乱を避けて住まいを移してからソウルに帰って来て見たら景福宮,昌徳宮,昌慶宮が皆燃えてしまって王の住む王宮がなくて王族の家の中で一番規模が大きくて完全だった月産台軍歌を仮宮にして王が住むようになった. 1608年 2月に先祖は仮宮の沈澱からお亡くなりになって光海君が仮宮のソチォングで王位に即位した.光海君 3年(1611)に仮宮を慶運宮といった.慶運宮の正門は元々正南側のインファムンだったが,また作りながら東にあった大案文を修理して名前も大韓門(大漢門)で直して正門にした.1906年には火事で燃えた中華前が復旧された. 石造殿は 1900年に着工して 1910年に完工された.1907年 7月 20日に日本侵略者たちの強圧によって高宗が従順に帝位を前衛欠点先制の住む宮になって徳寿宮と言った.   
 
  昌慶宮(チャンギョングン)     朝鮮王朝第4代王・世宗(セジョン)により建てられ、第9代王の成宗(ソンジョン)が3人の大妃(現王の母)のために宮殿を再建。西側には昌徳宮が隣接しており、独立的な宮廷の役割をと同時に昌徳宮の足りない住居空間を補充する役割も果たしました。 昌慶宮の見所は、国宝226号に指定されている明政殿(ミョンジョンジョン)。昌慶宮の正殿である明政殿は、かつて即位式が行われたり、王が臣下から祝いの儀式を受けたりする場所として使用されました。天井には王を意味する龍が金色で描かれており、現存する朝鮮王宮の正殿のうちでは最も古いもの。 景福宮や昌徳宮の正殿は南向きに建っているのに対し、明政殿は東向きに建っているのも特徴です。   
 
  慶熙宮(キョンフィグン)     昌徳宮、昌慶宮が東闕と呼ばれていたのに対し、慶熙宮は西闕と呼ばれていました。朝鮮時代後期は昌徳宮、昌慶宮と同様に離宮としての役割を果たしました。 二度に渡る火事や戦争の被害により、多くの宮殿、建築物が焼失、売却、移築され、数個の建築物だけとなりましたが、最も栄えていたときは100もの宮殿も。 慶熙宮の見所は、泰寧殿(テリョンジョン)の後にある奇妙な形の岩、瑞岩(ソアン)。この岩には源泉があり、王の岩という意味の「王巌」と呼ばれていました。その名前から第15代王・光海君がここに慶熙宮を作ったという説もあります。   
 
  昌徳宮(チャンドックン)     昌徳宮(チャンドックン)は1405年に、正宮である景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられた宮殿です。文禄・慶長の役ですべての宮殿が焼失しましたが、1615年に第15代王・光海君(クァンヘグン)が再建し、景福宮が再建されるまでの約270年間、正宮としての役目を果たしました。朝鮮時代の宮殿の中で王が最も長く住んだ王宮です。 ほかの多くの王宮が戦争や火災、あるいは植民地時代の日本の支配によって本来の姿を多く失っているのに対し、昌徳宮は保存状態がよく朝鮮時代の趣や生活様式を色濃く残しています。自然との調和のとれた配置が卓越した点から、1997年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。   
 
  雲峴宮(ウニョングン)     雲峴宮(ウニョングン)は、高宗(コジョン)と明成后(ミョンソンフ)の結婚式である嘉礼(ガレ)が行なわれたり、当時の最高権力者たちが集まり熱い議論を交わしたりするなど、朝鮮時代後期に重要な役割を果たした古宮です。 主人である、興宣大院君(フンソンデウォングン)イ・ハウン(1820-1898、高宗の父親)の生存時は、雲峴宮は他の王宮に匹敵するほどに荘厳だったといわれています。 今では昔の面影を残すのみの、小さな古宮となっていますが、嘉礼の再現を始めとする伝統行事を通して、当時の華やかさを垣間見ることができます。   
 
  華城行宮     華城は正祖(朝鮮第22代王)の孝行心が築城の根本となっただけでなく、党争による党派政治の根絶と強力な王道政治の実現のための遠大な政治的抱負が込められた政治構想の中心地として建てられたものであり、首都の南の国防要塞として活用するためのものであった。 華城は總理大臣蔡濟恭の総括の下、趙心泰の指揮で1794年1月に着工し、1796年9月に完工した。築城時に擧重機、ロクロなどの新機材を特殊に考案・使用して巨大な石材などを運んだり、積むのに利用した。   
 
  粛靖門     太祖5年(1396)に創建された粛靖門(スッジョンムン)は南大門(ナムデムン)、東大門(トンデムン)、西大門(ソデムン)と共に韓国の4大門のうちのひとつで、北門とも呼ばれる門。ソウル北部に位置したこの門は、景福宮(キョンボックン)を中心に右側の彰義門(紫霞門)と共に両羽に該当します。そのため人々が歩いて通るとその支脈が崩れ、国が危機に陥るという理由で太宗13年(1413)に松を植え通行が禁じられていました。その後粛靖門は散歩道として利用されていましたが、1968年の北朝鮮武装共産軍事件で一般人の接近が禁止されました。   
 
  光化門(クァンファムン)     1395年、景福宮(キョンボックン)の完成とともに建立された光化門(クァンファムン)。 建立された当初は四正門(サジョンムン)と呼ばれ、今の光化門に名前が変わったのは1425年のことです。現在、光化門は本来の位置と建築様式に戻すべく復元工事中で、その姿を見ることは出来ません。完工は2010年の予定です。 建立された当時の光化門は、1592年、豊臣秀吉の朝鮮出兵により景福宮とともに焼失し、200年以上も時が流れた1864年に、景福宮の再建とともにその姿を取り戻しました。 しかし、日本植民地時代の1927年、朝鮮総督府により景福宮の東側に移転させられ、1950年の朝鮮戦争の時に再び焼失。その後1968年に復元されましたが、建立当時の位置・角度と違っているため、本来の姿に戻すべく2006年より復元工事が始まる運びとなったのでした。   
 
  崇礼門(スンネムン)     国宝第一号の「崇礼門(スンネムン)」は、1398年に城郭の正門として建立されました。「南大門(ナンデムン)」という通称で親しまれていますが、これは城郭に造られた8つの門のうちの一番南側にあったため、南大門と呼ばれるようになりました。 花崗岩(かこうがん)で造られた土台の上に木造の二重楼閣が建てられており、ソウルにある木造建築の中では韓国最古のものでした。ところが、2008年2月10日、突然の火災に見舞われ崩壊。現在、2012年までの予定で復元工事が行われています。韓国人のみならず多くの観光客に親しまれてきた名所であっただけに、国内外に大きな衝撃をもたらしました。   
 
  北漢山城     北漢山国立公園内に位置する北漢山城(プカンサンソン)は朝鮮時代(1392-1910年)の1711年に築城された山城です。高さ7メートル、長さ8キロで1900年の歴史を持っています。北漢山城は有事の際に王が都にある王宮を捨てて避難する行宮を守るための城です。したがって都とはなんの関連性のない独立した城です。城壁は長さ約8キロで、全部で15個の門が城内を守りました。北漢山城は120室規模で都の王宮には劣りますが、山の中の宮殿という雄壮な姿を持っている。特に白雲台から南側につながる稜線をはじめ、北漢山城は険峻な岩峰、絶壁を利用して築かれました。山城は朝鮮時代の山城築城の代表的なスタイルで、花崗岩が美しい北漢山の山並みと古典的な北漢山城の姿が調和しとても美しいです。北漢山城は城郭に沿って登山道があり、散策しながらまわってみるとよいでしょう。秋には紅葉に彩られた周辺の景色が絶品です。   
 
  高敞邑城     高敞邑城は朝鮮端宗元年(1453年)にウェチムを阻むために全裸道民たちが有備無患の知恵に築城した自然石城郭だ.一名模様性とも言うこの聖恩羅州津寛のイブアムサンソングと連携されて湖南内陸を防御する前哨基地として国難護国のための国防関連文化財で保存している.1965年 4月 1日史蹟第 145号に指定されたこの誠意まわりは 1,684m 高さが 4~6m,面積は 50,172坪に東,西,北門と 3ヶ所の瓮城 6個の致誠を含めて性外の垓字など戦略的要衝施設があまねく揃っている.城内には東軒,客舎など 22洞の官煬建物と 2だ 4千があったが電話に消尽されて城郭とゴングブックルだけ残っていたことを 1976年から昔の姿どおり修復して来ている. 酸性は成果連結がよくできる所に築城するようになるのに,高敞邑城で制である近くにイブアムサンソングがあり,イブアムサンソングは羅州津寛といっしょに湖南内陸を防御する要衝地だった.   
 
  幸州山城     トックヤン山頂上に築造された幸州山城(史跡第56号)は壬辰の乱当時義兵と承命を含んだ 2千3百人で倭軍 3万名余を大きく退けた壬辰の乱 3大勝中の一つの幸州大捷が起きた所だ.先祖 25年(1592) 壬辰の乱が起きると全羅道巡察使であった権慄将軍はこのところにで 3万倭軍を受け止めてその余勢を駆って水原禿山性に布陣してソウルを奪い返そうと競技(景気),忠青,全裸 3道のすべて指揮官になって先祖 26年(1593) 2月 11日勝将チォヤングが導く僧軍を含んだ将兵万名余を従えて幸州山城に進駐した.このけんかでは我が国の戦争歴史上初めで '才マネー投げ'という戦法が使われた.上さんたちは長いスカートを切って短くドッチマを作って着てからはスカート幅に石を拾って盛ってけんかを手伝ったが,エプロンという名前がすぐここで来由されたと言う.   
 
 
 

Copyright ⓒ 2010 gaido.kr All rights reserved.