GOINDOL<ユネスコ世界文化遺産>
GOINDOLは先史時代ドルムドムの一種で英語ではドルメン(Dolmen)と言う.ドルメンは巨石記念物の一つでピラミッド(Pyramid),オベリスク(Obelisk)などエジプトやアフリカ大陸の各種石造物とイギリスのストーンヘンジ,フランスカール諾意列席(列石)などが皆巨石文化の産物だ.
青銅器時代の代表的な墓中の一つであるドルメンは世界的な分布を見せているし地域によって時期と形態が違うように現われている. 東北アジア地域が世界的な分布圏で一番密集された所でその中我が国がその中心地域だと言える.我が国には全国的に約 30,000余ギエがカウンドルメンが分布していることと知られているのになかでも今度世界遺産に登録されたコチャン·和順·江華ドルメン遺跡(Gochang,Hwasun,and Ganghwa Dolmen Sites)は密集分布も,形式の多様性でドルメンの形成と発展過程を糾明する重要な遺跡でヨーロッパ,中国,日本とも比べることができない独特の特色を持っている.またドルメンは先史時代文化賞を把握することができるしひいては社会構造,政治体系はもちろん当時人たちの精神世界をうかがうことができるという点からプレゼント時代研究の重要な資料になる保存価値が高い遺跡だ.
コチャンドルメン遺跡は全羅北道高敞郡高敞邑竹林里,倒産里,雅山面サングガブリ一帯の遺跡で竹林里メサンマウルを中心に東西で約 1,764m 範囲に 447ギガ分布しているし我が国で一番大きいドルメン群集を成している地域だ.10トン未満から 300トンにのぼる多様な大きさのドルメンが分布しているしテーブル式,並べて表示,地上石槨型など多様な形式のドルメンが共存している.
和順ドルメン遺跡は全羅南道和順郡道谷面ヒョサン里と春陽面代わり里一帯の谷に沿って約 10㎞にかけて 500ここのドルメンが群集を成して集中分布しているし最近発見されて保存状態が良い.またドルメンの築造過程を見せてくれる石切り場が発見されて当時の石材を扱う技術,築造と運び方法などを確認することができる遺跡に評価される. 江華ドルメン遺跡は仁川広域市江華郡近所里,三叉路,五相里などの地域に高麗山岸に沿って 150余機宜ドルメンが分布している.こちらには長さ 6.4m,高さ 2.5mの我が国の最大のテーブル式ドルメンがあり我が国のドルメンの平均高度より高い海抜 100m-200mまでドルメンが分布している.
1.コチャンドルメン遺跡
コチャン支石墓だね(史跡第391号)
2.和順ドルメン遺跡
和順ヒョサン里及び代わり里紫石墓郡(史跡第410号)
3.強化ドルメン遺跡
江華支石墓(史跡第137号)
ガングファネがオサングリゴインドル(仁川広域市記念物第16号)
強化五相里ドルメンだね(仁川広域市記念物第47号)
強化大山里ドルメン(仁川広域市記念物第31号)
ガングファブグンリゾムゴ-ルゴインドル(仁川広域市記念物第32号)
強化近所里ドルメンだね(仁川広域市記念物第44号)
強化三叉路ドルメンだね(仁川広域市記念物第45号)
強化高天里ドルメンだね(仁川広域市記念物第46号)
江華橋山里ドルメンだね(仁川広域市記念物第48号)