海印寺長径版殿<ユネスコ世界文化遺産>
海印寺長径版殿は 13世紀に作られた世界的文化遺産である高麗大将鏡板 8万余枚を保存する報告として海印寺の現存建物の中で一番古い建物だ.長径版殿は正面 15間もなる大きい規模の二つの建物を南北で並んで配置した.長径版殿南側の建物を首陀羅場,北の建物を法宝前と言って東と西の方に小さな規模の東·敍事看板前がある. 建物を簡潔な方式で処理して版殿として要する機能のみを満たしただけ飾り的議長をしなかったし,私は·後なら戸障子の位置と大きさがお互いに違う.通風の円滑,防湿の效果,室内適正温度の維持,販価の陳列装置などが非常に科学的で,合理的になっている点は大将鏡板が今まで完全に保存している重要な理由中の一つと評価を受けている.
長径版殿の正確な創建連帯は知られていないが朝鮮世祖 3年(1457) 御名で版殿 40余間を重唱したし成宗 19年(1488) ハックゾデサが王室の後援で 30間の大蔵経警覚を重建した後保安当たりと言ったという記録がある.光海君 14年(1622)に首陀羅場,人造 2年(1624)には法宝前を修理した.長径版殿は伽揶山中腹の海印寺に位した関係で西紀 1488年朝鮮初期に建立された後一度も火事や戦乱などの被害を被らなかったし,保存価値の卓越な八万大蔵径がそっくりそのままおさめていることは非常に幸いな事だ.長径版殿は世界唯一の大将鏡板保管用建物であり,海印寺の建築技法は朝鮮初期の伝統的な木造建築様式を見せるのに建物自らの美しさは勿論,建物内適当な換気と温度·湿度調節などの機能を自然的に解決するように設計された.
この版殿には 81,258枚の大長鏡板が保管されている.字数はおおよそ 5千2百万字に推定されるのに人々字一つ一つが誤字·脱字なしに皆選んで精緻だという点でその保存価値が非常に大きくて,現存大蔵経の中でも一番長年の歴史と内容の完壁することで世界的な名声を持っている文化財だ. 大長鏡板は高麗高宗の時の大将図鑑で刻んだ木版だ.大蔵経は頃(経)·率(律)·田(論)の三長(三蔵)として仏教経典の叢書を示す言葉だ.一般的に海印寺大将鏡板は高麗時代に板刻されたから高麗大蔵経と言ってまたパンスが 8万余版にのぼって 8万4千法門を収録したと言って 8万台長径とも言う. 高麗燎宗(1009~1031) の時の刻んだ早版大蔵経はモンゴルの侵入に燃えてしまってまた刻んだと言って再造大蔵経と称えたりする.早版大蔵経が燃えてしまうと高麗高宗 19年(1232)にモンゴルの侵入を仏力で阻むために江華島で首都を移して国家的な次元で大将図鑑を設置して大将鏡板をまた彫刻し始めた.
大長鏡板は最初慶尚南道南海で板刻して江華島大蔵経板堂に移して保管したが高麗ではない倭寇の頻繁な侵犯で朝鮮太祖の時の 1398年現在の海印寺長径版殿に移して保管の中だ.この大将鏡板は開泰寺の承統である手記(守其)が北送官版とキタイ本及び私たちの早版大蔵経を対照して間違いを直した大蔵経だ. リ・キュボが作った大将刻板君臣寄稿文に見れば燎宗 2年(1011)にキタイ病の侵入の時大蔵経を刻んでキタイ病が退いたことを上告して,モンゴルの侵入にこの大将鏡板が燃えてしまってまた刻んだらモンゴルの侵入を仏力で退けるようにしてくれという念願を記録している.大将鏡板は高宗 24年(1237)から 35年(1248)まで 12年の間板刻したが準備期間を合すれば皆 16年と言う(のは)期間がかかって完成になったのだ.
海印寺東·敍事看板前に法案されている仏教経典は国家で刻んだ高麗大将鏡板とは違い,高麗時代にお寺で刻んだ高麗刻版だ.八万大蔵径は仏教の頃·率·田三長を集大成したから世界仏教研究の貴重な文献で,この大蔵経は日本が神髓大蔵経を作る時標準にしたし,中国にも逆輸入されて,イギリス·アメリカ·フランス·ドイツなど西欧先進国にも伝わって世界仏教研究に非常に大きな影響を及ぼしている. 海印寺長径版殿は国宝第52号と指定管理されているし,所長文化財としては大将鏡板 81,258枚(国宝第32号),高麗刻版 2,725枚(国宝第206号),高麗刻版 110枚(宝物第734号)がある.この中海印寺長径版殿は 1995年 12月ユネスコ世界文化遺産に登録された.