宗廟<ユネスコ世界文化遺産>
宗廟は朝鮮王朝歴代王と王妃及び追尊された王と王妃の子株のまつった儒教祠堂として一番精製されて荘厳な建築物中の一つである.
宗廟は太祖 3年(1394) 10月朝鮮王朝が漢陽で都邑を移したその年 12月に着工して翌年 9月に完工したし,まもなく個性から太祖の 4対照である木造,益鳥,陶祖,丸彫の子株のまつった. 56,503坪の境内には宗廟停電を含めて別廟であるヤングニョングゾンとゾンサチォング,再室,ヒャングデチォング及び功臣当たり,七社だなどの建物がある.停電は初めに太始を 7間,左右に付いた部屋が 2間だったが先祖 25年(1592) 壬辰の乱の時燃えてしまって光海君即位年(1608)にまた直して作って,その後霊鳥憲宗時建て増しして現在太始を 19間になっている.
ヤングニョングゾンは世宗 3年(1421)に創建して初めには太始を 4間,東西にそばの部屋各 1カンシックで 6間の規模だったが,壬辰の乱の時燃えてしまって光海君即位年に 10間の規模で作ったしその後ずっと建て増しして現在 16間になっている. 現在停電には 19室に 49位,ヤングニョングゾンには 16室に 34位の神位が仕えられていて,停電トルアブにある功臣当たりには朝鮮時代功臣 83位が仕えられている. 朝鮮時代には停電で毎年春夏秋冬と師走に対向を執り行なったし,ヤングニョングゾンには毎年春秋と師走に第向日を別に決めて祭礼を執り行なったが現在は前週李さん大同種薬院で毎年 5月第一日曜日を決めて宗廟祭礼という祭享意識を行っているし祭祀させていただく時演奏する器楽科歌と舞踊を含む宗廟祭礼楽が挙行されている.
宗廟の主戦の停電は建坪が 1,270㎡として東時代の団である木造建築物では世界でもその規模が最大の建築物に推定されて,宗廟の建築様式は宮殿や仏事の建築が派手で飾り的なのに比べて儒教のつましい気品によって建立された特殊目的用建築物だ. 宗廟は韓国の一般建築物と一緒に個別的に非対称構造をしているが全体的に対称を成しているし儀礼空間の位階秩序を反映して停電とヤングニョングゾンの気団と軒,屋根の高さ,柱の太いのをその位階によって異にした. 中国周の国で始まった宗廟制度は 7台まで仕える制度で始まって明の時に来て 9畝制度で拡がったが中国の太廟ではテシルが 9室に過ぎないが韓国の宗廟だけはテシルが 19間である非常に独特の制度を持っているし,正面が非常に長くて水平性が強調された独特の形式の建物姿は宗廟制度の発生地である中国とも他の建築様式で西洋建築では全然その類例を捜してみることができない世界的に稀な建築類型だ.
宗廟祭礼は宗廟である儀礼空間とともに儀礼手続き,儀礼食べ物と申し立て,楽器と議長物,儀礼音楽と儀礼舞踊などが調和しているし,1462年に整形化された形態を 500年以上ほとんどそのまま保存しているという点で現在世界で一番古い総合的儀礼文化と言える. 宗廟祭礼と宗廟祭礼楽に現われた儀礼手続き,音楽,舞踊などは中国の古代文明を土台に形成された下,銀,株時代の儀礼文化に祈願を置いているだけではなく東洋の古代文化の特徴と意義をほとんどそのまま保存しているから東洋古代文化を研究するための貴重な資料に活用されることができる文化遺産中の一つである. 宗廟祭礼楽は器楽,歌,踊りで構成されるのに世宗時チォウムジッゴ世祖時整えた保太平と政大業 22曲を演奏してその動作が単純ながらも荘厳なのが特徴であるユックイルムなどのダンスをする.新羅郷歌や高麗歌謡が今日家事だけ伝えられるのに比べて宗廟祭礼楽は 500年前のメロディーを今日までそのまま伝えていてその意義が非常に大きい.
宗廟は朝鮮時代の伝統建物として一般建築ではない神殿建築にもかかわらず建築の普遍的価値を持っていて多くの現代建築家たちの研究対象になっているし宗廟のすぐれた建築的価値は東洋のパルテノンと称されているだけ建築史蹟価値が大きい. 宗廟は史蹟第125号と指定保存しているし所長文化財で停電(国宝第227号),ヤングニョングゾン(宝物第821号),宗廟祭礼楽(重要無形文化財第1号),宗廟祭礼(重要無形文化祭第56号)があって,1995年 12月ユネスコ世界遺産に登録された.